J-STAGE評価版では3誌のみ試験的に資料ページ、書誌ページ等を公開しております。
他の資料については現在のJ-STAGEをご覧ください。詳細はこちら。
新着タイトル  
バックナンバー
人気の高い論文 (2017年09月)
分野別に閲覧する
研究者にとってのメリットとは?
  • 広く世界に論文を発信することができます。
  • 海外の電子ジャーナルサイト等からリンクされることにより、ご自身の論文が広く読まれます。
  • 電子付録として動画や音声などを公開することができます。
  • 投稿した論文の査読や審査の状況が確認できます。 (投稿審査システムをご利用いただいた場合)
発行機関にとってのメリットとは?
  • 印刷物の発行以前に電子ジャーナルとしてオンライン出版ができます。
(投稿審査システムをご利用いただいた場合)
  • 電子投稿された論文の受付、編集委員や査読者の割当を行うことができます。
  • 査読や審査の結果を迅速に伝達することができます。
  • 論文毎に、各工程の状況をデータベースとして管理できます。
最新情報
  • 2017年10月05日
    メンテナンスのため、10/18(水) 10:00~16:00にかけてJ-STAGEの次の機能が利用できません。
    ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。
    J-STAGEの画面上で利用できない機能:
    ・引用文献リンク
    ・被引用文献リンク
    外部からJ-STAGEへのアクセスが出来ない機能:
    ・JOI/OpenURLによるリンク
  • 2017年10月1日
    利用学協会様向けの改定後の利用規約(平成29年10月1日施行)を掲載しました。(詳細はこちら)
このページを共有する
Top